hairando (14)

2014年1発目の取材ツーリングに行ってきました。
遅くね?って思われる方が多々いらっしゃると思いますが、全くその通り。
でも通年営業以外のキャンプ場はだいたい4月からだし、ちょっと遅いだけです。
ここから怒涛のキャンプ場巡りしますよ。

早速いつもより早めの朝7時半出発、今回は和歌山県の北部(ピンクピン)を落としに行きます。
距離的には近いのですがそれでも毎回何か起きるのが私の取材ツーリング、早いに越したことありません。高速を使って1時間ちょっと、1件目「越ヶ滝キャンプ場」に着く予定が、道に迷う・・・
道に迷ったあげく違う山を一個超える寸前まで走ってしまいました。
途中で「この先にキャンプ場ないだろ!こんなとこにあるキャンプ場なんか行く価値なし!」と逆切れして、麓まで戻り、麓の看板に書いてある電話番号に電話をした所、実はその看板の裏にある家が管理人さんの自宅だった様ですぐに出てきてもらい場所の説明をうけましたw
結果KAYATAのマップが管理人さんの自宅に設置されていた(現在は修正済みです)のが原因で、詳細な場所が解らず、全く逆方向に向かっていました・・・
ここまでで約40分のロス・・・ここまでくると才能感じますね。

kosigataki (2)

越ヶ滝キャンプ場は道がかなり狭く地面もガタガタです。
私的には対向車が来たらパニックになるレベルでした。

kosigataki (37)
(ここはまだ広い方)

連休明けという事もあり、キャンプ場は誰もおらず昨日(土曜)も宿泊者は0だったと思われます。
そんなに悪いキャンプ場ではなかったです。

そして早々と次のキャンプ場へ向かいます。
和歌山を南下し国道371に入り、県道102号線に入るルートです。
102号線はキャンプ場が連なり、今回のメインと言っても過言ではありません。
携帯のナビで行ってるから余裕だと思っていたのですが、371号線に入るとすぐ圏外に・・・
マップなしで走っていると電波が復活!102号線の入口を13キロも超えて走っていました・・・
そして102号線を見つけるも・・・・

kosigataki (44)

ガッデム!!!!!!まさかの通行止め!!うそーん・・・
キャンプ場が閉鎖してるならまだしも道路が閉鎖してるなんて。
「もう帰りたい、102号線沿いのキャンプ場は全部潰れたことにしよう・・・あかん、頑張らなあかん」
山の反対は通行止めではないと信じて真裏の370号線から102号線に入るルートに変更します。
ここでもまた1時間近くロスです。でもまだ余裕はあります。いやー早く出発してして良かったぁ。

そして無事102号線に突入!!キャンプ場を巡ります。
連休明けの閑散期という事もあり、ほとんどが休業状態でしたが、通年でやっているキャンプ場「どーむびれっじキャンプ場」でやっと本格的な取材が出来ました。

domubire (2)

まず、オーナーさんに取材の許可と名刺交換をしてパンフレットを頂きました。
とりあえずぐるっと撮影しながら一周して、一服しようとしてた時、オーナーさんがカヤタ企画を調べてくれた様で、「一個一個キャンプ場回って取材してるの!?」と驚かれていました。
どーむびれっじキャンプ場は結構キャンプ場雑誌に紹介されるらしいのですが、実際にキャンプ場に取材に来た方は1人もいらしゃらなかったそうです。
「実際に現場に足を運んで取材してくれたのはあなたが初めてだよ」って言われた時嬉しすぎて鳥肌が止まりませんでした(笑)
雑誌に掲載される時は現場に来た訳では無いので、かなり誇大広告があるらしく訂正してもらうように出版社に電話したこともあるとか・・・。

そして自分が「ここはトイレが素晴らしいですね、感動しました。外見が正直アレだったんで汲み取り式を覚悟してましたけど」と興奮気味に話したのですが、やはり和式は人気が無いようで来年あたり洋式トイレの導入を考えてるとの事でした、これだけ綺麗なトイレなら和式でも文句は出なそうですが、使い方がわからない世代も多い様です。
(ちなみにKAYATAも和式トイレはトイレの項目で★★★☆☆がMAXになっています。)
オーナーさん曰く時代と共にキャンプのトレンドが変わり、テントの巨大化でテントサイトの規格に入らない物が出てきたり、電波の有無が重要視されていたりするそうです。
どーむびれっじではなるべくお客様の要求にお答えする為に予約時にテントサイズの確認や、圏外に対応する為にWiFiスポットを導入していました。
圏外なのにLINE出来ました(笑)ここまで親切丁寧なオーナーさんもなかなか珍しいです!

急いで次のキャンプ場へ行きますが残念ながら閉鎖。

186
看板は残っていましたが閉鎖してました。

そしてラスト「ハイランドパーク粉河キャンプ場
山頂付近にあるキャンプ場で、目の前の峠を結構バイクが行き来しています。

hairando (1) hairando (5)
速そうなバイクが数台駐車してあり、停めた瞬間からライダーの視線を感じてたんですが、まず景色を撮ろう思い撮影ポイントへ。
何枚か撮影して振り向くと私のバイクの前にライダー2人がじっと何か話しながら私のバイク見ています(笑)
お2人とも地元の人だそうですが、ここで初めて知りあって話してただけで友達ではないとの事(笑)
バイクisコミュニケーションですね。
楽しいお話をしてキャンプ場サイトへ。

ここはなかなか良いキャンプ場ですね。

hairando (23)

ソロバイクキャンプしてる方がいらっしゃいましたので、これはお話するしかないと思い少しだけお話をさせて頂きました。
取材だけして撤収する事を伝えると「誰もいなくて寂しかったから、バイクが来てホッとした所だったのに」と言われました(笑)
あ~泊まりたかった~!!
お名前も聞いてませんが、撮影許可を頂きテントとバイクを撮影。

hairando (28)

ちょこちょこキャンプをするとおっしゃっていたので是非ともカヤタ企画をみて頂ける様に頑張ります!!
これにて本日の日程終了。いろいろな方とお話出来て有意義な一日でした。

今回の成果

和歌山北部(ピンクピン)8か所(内閉鎖2件、営業外1件)

どーむびれっじキャンプ場・・・・・総合評価:★★★★☆
ハイランドパーク粉河キャンプ場・・総合評価:★★★★☆
塩之瀬キャンプ場・・・・・・・・・総合評価:★★☆☆☆
越ヶ滝キャンプ場・・・・・・・・・総合評価:★★☆☆☆
アテネ・バンガロー・・・・・・・・総合評価:★☆☆☆☆
葵茶屋キャンプ場・・・・・・営業期間外で取材出来ませんでした。
丹生川キャンプ場・・・・・・・・・総合評価:閉 鎖
龍王原やすらぎの里・・・・・・・・総合評価:閉 鎖